撮影機材大幅に変更

久々の投稿となります♪
2019年に入り、平成最後の年ではないけれど、楽天スーパーセールを機に、カメラの撮影機材の大花な変更をしました。

まず今年初めに、これから撮影機会も減る事を見越して、後悔の無い様に高性能なレンズ2本を購入しました♪

画像
画像


シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
シグマ 14-24mm F2.8 DG HSM Art

の2本ですが、この2つのレンズは、フルサイズ用のレンズで、今まで所持していたものより性能も良く、金額の方もかなり高価なものでしたが、k社のショッピングクレジットを利用する事で、分割無利子なので、金額的に無理のない返済が、この時点では、ありました。

その後、楽天スーパーセールによる値引き+メーカーキャンペーンによるキャッシュバックもあって、かなり心が揺れました。
今年に入る前までの主力は2015年初めて一眼レフデジカメフルサイズのニコンD750とレンズはタムロン 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZDを購入しました。
2016年4月には、、APS-C一眼レフカメラをD7200に変更してシグマ 50-100mm F1.8 DC HSM Artを補強、12月には、フルサイズ用にシグマ APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM、ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR の2本の高性能レンズを入手しました。
この入手した機材は、いずれもショッピングクレジットを使ったもので、無利子で返済する事が出来るので、大変に重宝しています。

結果的には、楽天スーパーセールのポイントを使うよりもたまたまK社のネット販売を使った方が金銭的には都合が良かったので、思い悩んでいたD850を入手するに至ったということになります。
このD850は、何といっても画素数が約4575万画素(D750は2432万画素)が圧倒的で、性能もプロ仕様ですが、あまりにも30万を超す値段がこれまでネックで、諦め掛けていたものです。
しかしながら、K社のなんでも下取りで1.5万円引き+メーカーキャッシュバック3万円で30万円を切る値段になって、プラスアルファで下取りにD750+レンズを3本付け加えて、大分余裕のある支払額に計算上になりました。


画像

画像


D850購入だけで終らないのが、私の悪戯心ですね。
金銭的には、限度近くでしたが、下取りレンズの評価が高かった事もあって、これまで遠征に2台の一眼レフと重いレンズを何本も持って行くのは苦痛な事もあり、比較的安く性能も良いミラーレスを探すことにしました。

ミラーレスは、フルサイズの本体とフルサイズ用のレンズも出て来ているので、これからが主体になるだろうけれど、今は無理もできず検討することにしました。
本命はキャノンEOS Kiss M ダブルズームキットでしたが、8万円近くの値段とキャッシュバックがあってもマイナス7000円では、予算オーバーもいい所、そこでカメラ部門ではニコン、キャノンを差し置いて高性能カメラでぶっちぎりなソニーの機種から選ぶことにしました。
α6000 ILCE-6000Y ダブルズームレンズキットが、6.8万と手頃な値段で、しかも何でも下取りで1万円引きに加えて、メーカーキャンペーンでさらに1万円キャッシュバックがあるので、計算上はD850を3万円高く買ったと思えばいい事(合計4万円キャッシュバック)なので、ついでに購入を決めてしまいました♪

これにより、カメラを持って遠征する時は、基本D850+ミラーレスカメラになるだろうけれど、これまでのコストを考えると、もう高性能レンズの必要は経年を考えないとないと思います。  by 白馬





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック